2010年06月01日

やっぱり髪は女の命!男性もね。

市場で幅広く流通し一般的に使用されているシャンプーは、陰イオン(アニオン系)界面活性剤のものが多く「高級アルコール系」シャンプーと呼ばれる。「合成シャンプー」と呼ばれる場合もあるが、これはある石鹸メーカーが作り出した造語・俗称が広まった物であり、薬学的には誤った表現である。石鹸シャンプーはアルカリ性であるが故に、弱酸性である髪の表面を覆うキューティクルが開き、剥がしたり、溶かしてしまう性質がある。また、洗髪自体を「シャンプー」「シャンプーする」と言う。JIS規格ではシャンプーの容器にギザギザを付ける事が望ましいとされている。円盤状のものを帽子のように頭にかぶり、頭を洗っているときに目にシャンプーが入らないようにしたもの。これに対し、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが主な洗浄成分のものを「石鹸シャンプー」と呼ぶ。シャンプーハット (お笑いコンビ)を参照。シャンプーハット ピップフジモト・ピップトウキョウが製造・販売している子供用お風呂用品の名前。
posted by ladyan at 11:45| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。